Best of Kanazawa~ ネコ♪ニャ~ちゃん

laptime04.exblog.jp
ブログトップ

ちゅうがくせいのきもち

中学生1年生の男の子二人に英語を教えることになった。

一人は日本史とマンガと家紋の研究が趣味というマニアックな男の子。
一人っ子で大人ばかりに囲まれて育っているからか、話していても大人と会話してるみたいだし、
私自身、一人っ子のオタク男子とは何故か若い時分から相性が良いので、
いっしょにいて楽である。

もう一人は体を動かすのはスキだけど、机に向かってチマチマ勉強なんかしてられっかって男の子。
あまりにも勉強やだやだオーラが全開なので、おばさん新米バイト講師はひるんでしまうこともあります…。

昨日、授業の合間にいくつか質問したら、言葉少なにだけど、答えてくれた。

塾、自分で行こうって思って来たの?それともお母さんに言われて来たの?
親に言われて…。テストの点数悪いから行けって…。

その時どう思った?
めんどくせえな、って思った。

塾は英語と数学、来てるの?
英語だけ…。

そっかあ、数学は好きなんだ!
(首を振って) 数学の先生、ウザい。

ん?学校の数学の先生?
うん。

どんなところがウザいの?
授業のとき…オレ以外のヤツもしゃべってるのに、オレばっか怒る。

アハハそっかあ〜。
でもそれRくんのこと好きだから注意するんだと思うよー。
Rくんが憎くて怒ってるんじゃなくて…。
Rくんのことキライだったらほっとくと思うよ〜。
そのセンセ、Rくんのこと好きなんだよ♪

なあんて、思いつくままに適当にコメントしてみたけど…。
(我が子にもよくお母さんってホント適当だよね、と言われる。)

Rくんの心が少し覗けて、ちょっぴり嬉しかったです。
[PR]
by laptime04 | 2013-11-14 10:34